初詣の作法、お賽銭には縁起の良い金額と意味がある

初詣

2015年もそろそろ終わり、新年がやって来ますね。
本日は初詣の作法とお賽銭のお話、初詣お賽銭には縁起の良い金額と意味があります。
言霊信仰の日本らしい風習です。

まずは初詣の作法です。
私も年長者から教えてもらいました。
『天人地』の関係です。

神様は、天の神様と地の神様がいます。
初詣の時は、まず

① お賽銭を入れます
これは地の神様に呼びかけるためです。

② 鈴を鳴らします
これは天の神様に呼びかけるためです。

③ 2回お辞儀をします
これは天と地の神様にお礼をするためです。

④ お祈りを捧げます
初詣の時は、五穀豊穣と国家安寧を先にのべて、この世の中が平穏無事であることの感謝の気持ちを伝えます。
そして願い事です。願い事は具体的に実現したいことを思ってくださいね。

⑤ 2回柏手を打ちます
神様に感謝の意を示して、お帰り頂くためです。

⑥ 1回お辞儀をします
これは天と地の神様に会わせてくれた神社に感謝をしめすものです。

以上が正しい初詣の作法ですよ。

===

つぎはお賽銭の金額と意味です。
神様は、こんな細かいことにこだわらないのですが、日本人は言霊(放つ言葉に力が宿ると考える)の文化があります
願えば通ずると思っておこなえば、意外なパワーを発揮しますよ。

一般的には下記のように意味があるとされています。
10円は遠縁(とうえん)につながると言われていますので、10円は使わないほうが良いですね。
1円・5円の組み合わせが良いそうです。
ただしお札は別らしい(笑)

===

5円: ご縁がありますように
10円(5円2枚): 重ね重ねご縁がありますように
15円(5円3枚): 十分ご縁がありますように
20円5円4枚): よいご縁がありますように
21円: 割り切れない数字なので、恋愛継続・夫婦円満願に良いとされています
31円でも同じ意味
25円(5円5枚): 二重にご縁がありますように
30円(5円6枚): 安定と調和のとれたご縁がありますように
35円(5円7枚): 再三ご縁がありますように
40円(5円8枚): 末広にご縁がありますように
45円(5円9枚): 始終ご縁がありますように
50円(5円10枚): 五重の縁がありますように

こんな感じです。まだこれ以外にも数字の語呂合わせがあります。
興味のあるかたは調べてみてくださいね。

大事なのは、願い事を明確にする事と、本人自ら努力するので神様に手助けをお願いすることです。

神頼みといいますが、本人の意思と行動がなければ神様も動いてくれません。

健康と同じですね。ご本人の健康力(自己治癒力)を信じなければ身体は変わらないのです。

本日は院長のおすすめ情報でした。
ではまたね。

 

******************************

【羽村市の整体】マッサージ師も通う むさしの整体療術センター
住所: 羽村市五ノ神1-8-1 第二島田荘201

電話:042-555-5844 (ホームページを見たといって下さい)
ホームページ:http://www.tcp-musashino.com/

腰痛・肩こり・慢性の痛み違和感にお困りですか
『身体のリフォーム』で改善しましょう。

詳しい姿勢説明が人気の整体院と言われています。
あなたに合った施術計画を作ります。

エキテンのサイトに、こんなクチコミをいただいています。
http://www.ekiten.jp/shop_5997115/

営業時間:平日は 12時~21時まで
     土・日・祝日は 9時~20時まで
定休日:月曜

******************************

コメントを残す

このページの先頭へ