身体の痛みや違和感も考え方で変わる?|こちらの書籍が院長おすすめ

身体の痛みや違和感も考え方で変わる?
そんなあなたに、こちらの書籍をおすすめします。

身体の痛みや違和感も考え方で強弱がおこります。
情動(喜怒哀楽とそれにともなう身体の反応)と痛みの関係はじつは深いと、当院にお越しの方に私は説明してきました。

慢性的な痛みや違和感をお持ちの方は、そのことを理解するのは大変かもしれないです。
私もそうでしたから。

===
痛みをはっきりと相手に伝える

以前TMSジャパンの長谷川先生が、こんな記事を翻訳して
紹介してくれました。

痛みの訴え、言葉と態度ではどちらが配偶者の優しい反応を誘う?
患者が痛みを訴えたとき、患者の配偶者はどのように反応するだろうか。

米国・ペンシルベニア州立大学のStephanie J. Wilson氏らは、変形性膝関節症患者とその配偶者を対象に研究を行い、言語的および非言語的コミュニケーションのいずれもが、疼痛表出に対する配偶者の肯定的および否定的反応に重要であることを示した。

これは、Pain誌2013年10月号(オンライン版2013年6月19日号)の掲載報告から引用したものです。

===

研究グループは、患者の疼痛の訴えに対する配偶者の反応として予想される手厳しい反応と、共感的反応あるいは相手を心配する反応について、言語的な疼痛表出と非言語的な疼痛表出がどのように影響するかを調べた。

変形性膝関節症患者144例とその配偶者に、22日間、疼痛表出、配偶者の反応、健康状態および感情について日記に記録してもらった。

主な結果は以下のとおり。

●非言語的な疼痛表出は、配偶者の共感的および相手を心配する反応に好ましい影響を与えた。
言語的な疼痛表出も、同様の影響が認められた。

●いつもより言語的な疼痛表出が多い日は、非言語的な疼痛表出が配偶者の共感的および相手を心配する反応とより強く関連していた。

非言語的な疼痛表出および言語的な疼痛表出がいずれも多い日は、配偶者の手厳しい反応が和らいだ。

以上の所見から、言語的および非言語的コミュニケーションいずれもが、疼痛表出に対する配偶者の肯定的および否定的反応に重要であることが示唆された。

参考文献
Wilson SJ et al. Pain. 2013 Oct;154(10):2045-53. Epub 2013 Jun 19.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23791895(英文です)

===

痛みに対する共感と理解

文章が専門的で難しい言葉が多いですね。簡単に言うと、痛みがある場合は配偶者(パートナー)にきちんと痛みを訴えた方が、自分の痛みに対する共感と理解を得られるということですね。

日本人は相手に心配させないように、痛みをこらえる傾向があります。

それでは相手に理解されず、それにより更にご自身にストレスを抱えることになり、痛みも慢性化しやすいということではないのかなと考えます。

慢性の痛みは、じつは心因的な要素が多くなる傾向にあります。だから痛みや違和感も考え方で変わるのです。感情や行動と痛みの関係はとても深いんだと思います。

===

腰痛の違和感や痛みもじつは同じです。

「そう言われても理解出来ない、実際痛いんだからさ。」といわれる患者さんも多いです。
そんな方に読んで欲しい書籍があります。

腰痛でお困りのあなたに読んで欲しい4冊の書籍

【腰痛は〈怒り〉である】
出版社:春秋社
価格:1,300円(税抜)

著者はTMSジャパン代表の長谷川淳史先生です。
アメリカのジョン・E・サーノ博士が提唱したTMS理論(緊張性筋炎症候群)を日本に紹介された先生です。
あとで紹介するサーノ博士の日本語訳にも参加されています。

IMG_6715[1]

【サーノ博士のヒーリング・バックペイン】
出版社:春秋社
価格:2,000円(税抜)

こちらが、アメリカのジョン・E・サーノ博士が書いた本の日本語訳ですね。
初版は平成11年〈1999年)に出版されています。未だに腰痛治療のバイブル的存在です。

IMG_6716[1]

【腰痛は心の叫びである】
出版社:サンマーク出版
価格:1,300円(税抜)

著者の山本先生は、会社員から治療家になった方です。
私も何度かお目にかかったことがあります。気さくな先生ですよ。

IMG_6717[1]

【人生を変える幸せの腰痛学校】
出版社:プレジデント社
価格:1,400円(税抜)

著者の伊藤先生はご自身の腰痛体験から治療家になられたかたです。
自身の経験が書かれていて腰痛で困ったかたなら必ず共感出来ます。

私も何度かお目にかかったことがあります。
ご自身の理念がしっかりしていて目的意識も高い素敵な先生です。

IMG_6718[1]


当院の待合スペースにも置いています。


******************************

【羽村市青梅市の整体】羽村エリアで口コミNo.1の「むさしの整体療術センター」
住所: 羽村市五ノ神1-8-1 第二島田荘201

電話:042-555-5844 (ホームページを見たといって下さい)
ホームページ:http://www.tcp-musashino.com/

腰痛・肩こり・慢性の痛み違和感にお困りですか 『身体のリフォーム』で改善しましょう。

詳しい姿勢説明が人気の整体院と言われています。 あなたに合った施術計画を作ります。

ハイブリッド整体は、あなたの身体を【まもる・かえる・きたえる】 施術です。

エキテンのサイトに、こんなクチコミをいただいています。
http://www.ekiten.jp/shop_5997115/

営業時間:平日は 12時~21時まで      
土・祝日は 10時~20時まで
定休日:月曜・日曜(第3日曜を除く) 

******************************

 

コメントを残す

このページの先頭へ