シンスプリント

むさしの整体療術センターは、羽村市で開業して10年以上経ちます。
シンスプリントでお悩みの方もたくさんいらっしゃいます。
 
【シンスプリントの原因】

シンスプリントは、ふくらはぎにある脛骨の下1/3あたり下腿内側部に痛みが出てきます。

一般的には、走ったりジャンプが多いスポーツで、足にかかる負荷が大きくなると炎症が起き、 下腿部内側の痛みが出てくるため、いわゆる使いすぎ(オーバーワーク)が原因と言われています。

成長期の子供さんやランニングを趣味にしている方などに多いですね。

 4fb8cf1071c30a1a4448d7408f9371d7_s

痛みが出る前兆として、ふくらはぎや腰のだるさや痛みがあり、いつの間にか不自然な姿勢になりスポーツをするようになります。

そうして不自然で無理な姿勢を続けながら運動しているうちに、使いすぎで痛みを起こし多くの方が2週間から1ヶ月近く休み 安静にして、使い過ぎたところの回復に努めるよう指導されます。

【当院のハイブリッド整体がお役にたつ、シンスプリントの症状は】

一般的に使い過ぎが原因と言われるシンスプリントは、足にかかる負担が大きくなる理由の一つに、 体を支える土台となる足指が動いていない事があります。 そのため、当院では足の指に重点を置いています。


【あなたの足の指はきちんと動いていますか?】

足の指で、グーチョキパーをしてもらうと、上手く動かせない方が実は多いのです。
身体をしっかりと支える為には、足の柔軟性と力強さが大事です。

これは患者さんの足です。グーをしてもらって居ますが、上手く指を曲げることができません。


IMG_5848

特に足趾がしっかりと動かないと、足のばねがうまく使えずに地面からの衝撃を分散することが出来ません。
その結果、ふくらはぎや脛が張ってきて痛みが出てきます。

【足だけが原因ともいえません】

オーバーワークになる原因の中には、身体がうまく動かないために不自然な姿勢になって足に過剰な負荷がかかることがあります。

姿勢に歪みがあっても、体をしっかりと動かすことができると不自然で無理な姿勢にならず、痛みは出なくなります。
 
足指がきちんと動いて、体がしっかり動く姿勢になると、重心が安定します。
下腿内側部に過負荷のかかる原因が解消して何度も繰り返し傷めてしまうことも無くなります。

なので足の指はきちんと動いた方が再発防止になるといえます。

 
【当院がお役にたつシンスプリントの症状は】

① 足趾のトレーニングをおこない足づかみ機能を戻します。

当院は、日本あしづかみ協会の認定アドバイザーです。 日本あしづかみ協会のホームページはこちらです。

あしづかみ健康サイト

足の指の運動方法ややり方などを説明して、ご自宅でも出来るようにアドバイスします。これは予防に役立ちます。


② ハイブリッド整体で、身体のゆがみを確認して調整していきます。

【シンスプリントの予防には】

● 足の機能を正しい状態にする
● 正しいフォームで走っているかをきちんと指導してもらう
● 神経の誤作動原因となる背骨の状態を調整する

ことが日頃から大事になります。
当院では専属のヨガ・トレーニング講師がおりますので、個別トレーニングによる筋力アップもおすすめしています。

===

なにか分からないことがあれば、お気軽に一度ご相談ください。

初回の問診や検査であなたに合った施術計画をご提案します。

あなたが元気でないとあなたに関わる周りの人も不幸になる。だから健康を一緒にサポートするのが使命。
 

これが院長の私が考える院の理念です。

ご家族やパートナーと一緒にお越し頂いても大丈夫です。
 

「シンスプリントのページを見て」とお電話ください。

top-rsv-tel

メールのかたは、下記の画像をクリックしてください。

Image

このページの先頭へ