慢性疲労

a1640_000270

慢性疲労かな?

『とにかく休みたいなぁ』 あなたは今思いましたね。

慢性的な疲れとは、疲労感が無くならず
常に疲れていると感じる状態です。

肉体的な疲労感もあれば精神的な疲労感もあります。

『休日に身体を動かして翌日筋肉痛になったし身体もだるい感じ』

『子どもと一緒に遊んで、なんとなく身体も疲れているな』

などは心配しないでください正常な疲労感です。

疲労感は少し身体を休めなさいという脳からのメッセージ

【疲労感】は少し身体を休めなさいという脳からのメッセージです。

このようなときは積極的に身体を動かす(アクティブ・レスト)や
筋肉を緩めるストレッチ体操が有効です。

整体やマッサージも筋肉を動かし血流を促進させるので有効的です。

ずっと疲労感がとれない?慢性疲労症候群かも

『ずっと疲労感がとれない』
休息をとっても疲労感が残っているあなたは、慢性疲労症候群かもしれませんね。

慢性疲労症候群とは、原因不明の強い疲労感が6ヶ月以上続いている場合につく症状名です。
慢性疲労には自律神経のバランスが乱れている場合やメンタルストレスが影響していることもあります。

こちらのページでも説明しています。

慢性疲労症候群

メンタルストレスが要因の場合、それをカイロプラクティックの筋肉検査で調べることができます。


お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ