膝外側が痛む(ランナー膝)

ランニング

「ランニングしていたら痛くなってきた」そんな痛みでお困りですか。

膝の外側が痛む(ランナー膝)は、腸脛靱帯炎といいます。

【関節炎】の所でも説明したO脚気味の方やマラソン愛好家に多い痛みです。

【よく言われる腸脛靱帯炎の症状】

腸脛靱帯

私達の身体は骨盤から脛の骨まで腸脛靱帯という長い靱帯でつながっています。
この靱帯があることで股関節は外に飛び出さないように守られています。

この腸脛靱帯は大腿骨(太ももの骨)とぶつかりやすく、マラソン愛好家のように運動で繰り返し骨と靱帯が当たる部分が炎症を起こして痛む症状です。
そのためランナー膝という別称がついています。

O脚気味の方は、股関節や膝が外側に引っ張られるように体重がかかるために、この痛みがおきやすいのです。

【ランナー膝(腸脛靱帯炎)にはこんな施術をおこないます】

筋肉テスト(グラスピングテスト)で判断がつきますので、腸脛靱帯を緩めるストレッチや臀部・股関節周りにある筋肉調整が痛みを楽にします。

足首周りも関係することが多いので、足から股関節まで確認をしていきます。

お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ