四十肩・五十肩(凍結肩)

四十肩・五十肩(凍結肩)

四十肩・五十肩は辛いですよね。
整形外科に行くと肩関節周囲炎という病名がつきます。

40代50代の中高年に良く起こる肩の痛みからこの別称がついています。
実際は30代から70代の方までこの症状で当院にお越しになります。

【よく言われる四十肩・五十肩の症状】

● 手を上に上げられない
● 頭の後ろや背中に手を回すと痛みが強くなる
● 背中や肘まで痛くなる

こんな運動障害がでる肩の痛みです。
海外では【フローズン・ショルダー(凍結肩)】といっているそうです。

骨自体ではなく関節包や肩関節の靱帯・筋肉が硬化・短縮を起こすことで、肩関節の動きに制限が出ます。

特に肩甲骨の筋肉(棘上筋・肩甲挙筋・菱形筋)と腕に繋がる腱板・関節内包に、炎症や癒着が起こります。

肩甲骨 イラスト

肩周り筋肉

【四十肩・五十肩には段階があります】

①急性期 : 痛みが強く肩関節の可動域制限が進みます 
朝方や夜間に痛みが酷くなります、背中や肘まで痛くなることもあります

②拘縮期 : 痛い方向に動かさない限り痛みは楽になります
肩関節の可動域制限が酷くなります

③回復期 : 痛みと可動域制限ともに軽快します

【四十肩・五十肩(凍結肩)にはこんな施術をおこないます】

当院では、①急性期での施術はおすすめしておりません。

急性期は、症状が現れてから2ヶ月から6か月間続きます。この間は痛みがとても強く辛いものです。
整体やマッサージ、カイロプラクティックを受けると更に痛みがますこともあります。
経験上、この時期は痛みの沈静化が重要です。

整形外科での受診をお勧めします。

②拘縮期(6ヶ月から1年程度)で少し痛みが楽になってきた場合は、出来る範囲で痛みの原因となる筋肉や関節内包のトリガーポイントを探して調整します。

③回復期(9ヶ月から1年半程度)は、最も整体・カイロプラクティックの施術が効果的な期間です。
このときには、腕にある肩周りのツボ刺激や筋肉を緩めるリリース方法(操体法やPNFストレッチ)を使って、やさしく僧帽筋・肩甲挙筋の異常収縮をゆるめていきます。

四十肩・五十肩は、肩甲骨の棘上筋の筋膜と回旋肩板周りにトリガーポイントや拘縮がありますので、そこを調整して更に簡単な運動をしてもらい可動域を広げるようにしていきます。

お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ