頭痛 片頭痛

a0001_016476

頭痛といっても、さまざまな症状がありますね。

例えば、『風邪・二日酔い』などが原因の頭痛です。

これは本人も頭痛の原因がわかりやすく、原因が無くなれば症状が治まる頭痛です。

脳腫瘍や脳出血やクモ膜下出血など、脳の病気が原因の頭痛があります。

このような「脳の疾患による頭痛」は、
今まで経験したことのない激しい痛みや、

吐き気や激しい嘔吐、手足のしびれなどの症状が伴ってきます。

こんな症状の時はすみやかに病院へ行きましょう。


整体やカイロプラクティック院にお越しになる頭痛・偏頭痛は、
慢性的な頭痛でお困りな方がおおいです。

「慢性頭痛」は、脳自体には異常が全くなく、原因がはっきりしないまま繰り返し起こるタイプです。

いわゆる「頭痛持ち」といわれるタイプですね。

頭が痛い症状の方の全体の約80%は慢性タイプだといわれています。

慢性頭痛にも大きく3種類あり、それぞれ痛みや対処が違います。
また、1種類だけでなく複数のタイプが入り混じった混合型の方もいます。

【よく言われる慢性頭痛のタイプ】

慢性頭痛は、

①偏頭痛 ②緊張型頭痛 ③群発頭痛

この3つが慢性頭痛の主要タイプです。

それぞれ、以下にあげる特徴がありますが、
症状がすべて一致することはまれです。

痛みの感じ方には個人差がありますので、
症状が気になる方は病院での受診をおすすめします。

① 片(偏)頭痛

片(偏)頭痛

片頭痛(偏頭痛)

1~数ヶ月に1~2回、周期的にこめかみや眼を中心に
おこる拍動性(ずきんずきん、ガンガン)の強い頭痛が特徴です。

女性に多く、生理とも関連があります。
女性の慢性頭痛全体の約6割を占めるといわれています。

一旦頭痛が始まると、光や音がものすごくわずらわしく、
頭を動かすたびにガンガン響いてきたりして、
静かなところでじっと寝ているしかない状態になることもあります。

大体は一晩寝ると楽になりますが、
中には2~3日具合の悪さが続く人もいます。

また2割程度の人は『前兆』といって、
頭痛がおこる20分程前から、
目の前に光るぎざぎざが現れだんだんと広がったり、

人物が異常に大きく見えたりゆがんだり、
風景が流れたりする見え方の異常を感じる場合もあります。

『予兆』と言われる片頭痛が起こる1~2日前に、
痛みが起こる感じや精神的に不安定な感覚を持つこともあります。

② 緊張型頭痛(肩こり頭痛)

肩こり頭痛

肩こり頭痛

痛みの程度はそれ程ひどくなく、
何となく重苦しいという状態から、頭全体が締め付けられる、
後頭部にびりっと痛みが走る状態まで様々な程度があります。

多くは肩こりが見られます。
苦しいので何となく後ろ頭に手が行ってしまうのがこのタイプです。

肩こりは精神的ストレスの現われとも考えられ、
慢性頭痛の6~7割を占めるといわれています。

年令も10才代から90才代まで幅広く、
ものすごい肩こりにもかかわらず肩こりを自覚できない人もいます。

肩こりは筋肉の血の巡りが悪くなり、
乳酸などの疲労物質がたまって痛みを引き起こすので、
部位を温めて動かすなど血流改善が緩和には有効です。

整体、マッサージ、カイロプラクティックなど
手技療法を受けることも、改善につながっていきます。

③ 群発頭痛

20~30才前後の男性によく見られ、
慢性頭痛の1%程度と頻度は高くありません。

季節の変わり目に年1~2回、
の1
~2ヶ月の間毎日、きまって片方の眼の奥がえぐられるような、
キリで突き刺すような、と表現される激痛が数時間起こる
が 特徴です。

大体は寝入って1~2時間してひどい痛みで眼がさめるという状態で、
片頭痛とは違いじっとしていられなく、
頭痛と同時に眼が充血し涙が出たり、鼻がつまって鼻水がでたりという
随伴症状もあることも群発頭痛の特徴となります。

ご自身の頭痛がどのタイプなのか、見極めることも大事になります。
不安な方は、病院を受診されることをおすすめします。

特に長期間、解熱鎮痛薬(生理痛・頭痛薬)にたよってきた方は、
薬により頭痛症状が悪化していることがあります。

これを薬剤乱用性頭痛といいます。

薬

解熱鎮痛薬はお守り


薬が頭痛の原因になってしまい、
その頭痛を抑えるために薬が必要になるという悪循環に陥った状態です。

この場合は、医師の管理を受けながら薬からの脱却が必要になります。
普段から、どんな薬を飲んでいるか記録することも大事ですね。

頭痛・片頭痛でお困りならお気軽にご相談ください。


このページの先頭へ